学力の低下により入学者の3割以上は医師になれない

私立医学部に入学した生徒が実際に医師になれる割合は・・・

その後も過剰状態が続くというから、今の医学部学生が40代にさしかかるころにこの状態に出会うことになる。将来は決して甘くはないともいえるだろう。しかし、大学医学部の「危機」は、このような統廃合や供給過剰にあるのではなく、実は医学部に進学してくる学生の学力低下にあるとの指摘が、この数年前からあからさまになってきている。医学研究がより専門化し、医療技術が高度化されているのに、学生の質が低下するのは将来の危機だとの指摘を含んでいるのである。

まず初めにこうした意見を紹介しておくことにしよう。『医学教育』の1997年のNO4に、藤田保健衛生大の佐々木勤教授が「医科大学の危機」という稿を書いている。また日大医学部の桜井勇教授が、『医学教育』別冊の『医学教育白書』(1998年版。〔94198〕、日本医学教育学会編集)に「入学者選抜」という稿を寄せて、医学部入学者の分析を試みている。このふたつの稿を土台に据えて、さらに私の取材内容も踏まえて確かめていきたいのだが、医学部学生の総体的な学力低下はきわめて切実な問題だとわかる。

前述の佐々木の稿では、このような学力低下は、「医学情報量増大」に起因しているとも考えられ、将来にわたってそれをのりきるには、「教員の教育意欲」によって決まると結論づけている点が注目されるのだ。大学受験者のカーブは、1992年度に121万5000人をピークにして減少していくが、2000年度にはおよそ93万人に減っている。これ以後も減少していくだろうとの見通しだという。当然なことながら、医学部受験者も減っていく。どのような減り方をするのかその辺りはまだ不透明である。
ホワイトニングをやってもらえる評判のいい歯医者さんをさがしていたのですが、知り合いから池袋駅東口にある池袋 ホワイトニングをつよくおすすめされました
前に、治療を痛くなくするために打った麻酔の注射がとても痛く、飛び上がるぐらいの痛さでしたが、箕面 歯科ではコンピュータ制御の麻酔を使い患者さんの負担を減らしています。
海に面した美しい港町横浜 透析を受けられる病院やクリニックも揃っているので、体に障害があるけどこの街で暮らしてみたいと悩んでいた方にはうれしい情報といえるでしょう。


それを防ぐという意味もあります」この大学医学部では、推薦入試の合格組が定員の5分のーを占めているが、実際に医学部に入っての講義の出席率もよく、何年か浪人してきた合格者よりも真面目でスレていないので、成績も伸びていくという。何よりまだ18歳の素直さと学力の高さこそが魅力的だという。

大学医学部間の学生の学力の開ぎは、受験のテクニックや偏差値だけで測るわけではなく、その潜在的能力の高い合格者をどれだけ集めるかにかかっている、と医学部の教員たちもあっさりと認めるのである。学士の編入試験は「狭き門」このような青田買いに比例して、編入試験の実施である。もうひとつ幾つかの大学医学部が行っているのは、学士18歳の学力の高い現役高校生を集めるのとは、対極にある考え方の実践である。

最新情報
2013/05/15 注目記事を更新しました。
2013/05/11 新着記事を更新しました。
2013/05/10 教育を軽視する教授を更新しました。
2013/05/07 教員の情熱を更新しました。
2013/05/05 医師になれる割合を更新しました。
2013/05/03 医学教育の危機を更新しました。
2013/05/02 私立医学部に入学した生徒が実際に医師になれる割合は・・・を更新しました。
2013/04/29 ホームページをリニューアルしました。

今得サイト
看護師求人のナイチンゲール看護師の求人・転職・募集情報なら【看護師プロ】マイナビ看護師
資格・勤務地などご希望の条件から看護師求人を探せるサイトです。看護師求人情報の提供や、専属カウンセラーによる転職サポートなどを受けられるサイトです。全国の看護師求人情報を検索できます。登録すると、専門のキャリアコンサルタントが求職活動をサポート。